顔写真

川田龍平

参・立憲・比例

1976年1月12日東京都小平市生まれ。東京都立小平高校、2003年東京経済大学経済学部卒業(この間、独ケルン大学に留学)。生後6ヶ月で血友病と診断され、治療のために投与された輸入血液製剤によりHIV感染。1986年母親から感染を告知される。1993年「薬害エイズ事件」の国と製薬会社の責任を問う東京HIV訴訟原告に加わり、1995年3月実名を公表。同年7月、3500人とともに「あやまってよ'95人間の鎖」で厚生省(当時)を取り囲む。翌年3月実質勝訴の和解を勝ち取る。その後、衆議院議員川田悦子秘書、松本大学非常勤講師を経て、2007年7月東京選挙区で42年ぶりとなる完全無所属で参議院議員に当選。2013年7月全国比例で再選。民進党ネクスト厚労大臣、国民生活・経済に関する調査会長○現在参議院行政監視委員長、厚労委員、復興特委員○著書「この国はなぜ被害者を守らないのか」「医療格差」「川田龍平いのちを語る」ほか (令和元年12月10日現在)

2021/11/10
2021/08/05
  参議院厚生労働委員会で発言しました本文審議中継
 重症化、dna 鑑定、抗体 カクテル 療法
2021/06/11
  参議院本会議で発言しました審議中継