豪雪地帯対策特別措置法の一部を改正する法律案

第208回国会衆法第12号

豪雪地帯の現状に鑑み、基本理念を定め、豪雪地帯の特性を踏まえた防災に関する施策の促進、財政上の措置等、幹線道路の交通の確保、命綱固定アンカーの設置の促進等、地域における除排雪の安全確保等並びに克雪に関する技術の開発及び普及等の規定の追加等を行うとともに、特別豪雪地帯における基幹的な市町村道の整備の特例並びに公立の小学校及び中学校等の施設等に対する国の負担割合の特例の措置を引き続き十年間講ずる等の必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。本案施行に要する経費本案施行に要する経費としては、平年度約一億円の見込みである。

提出

2022

03/16

衆議院

委員会

-

衆議院

本会議

2022

03/17

参議院

委員会

2022

03/25

参議院

本会議

2022

03/30

公布

2022

03/31