新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律案

第204回国会閣法第6号

現下の新型コロナウイルス感染症の発生の状況等に鑑み、当該感染症に係る対策の推進を図るため、営業時間の変更の要請等を内容とする新型インフルエンザ等まん延防止等重点措置を創設し、併せて新型インフルエンザ等緊急事態措置において施設の使用制限等の要請に応じない者に対する命令を可能とするとともに、新型コロナウイルス感染症を感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律において新型インフルエンザ等感染症と位置付け、所要の措置を講ずることができることとし、併せて宿泊療養及び自宅療養の要請について法律上の根拠を設ける等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2021

01/22

衆議院

委員会

2021

02/01

衆議院

本会議

2021

02/01

参議院

委員会

2021

02/03

参議院

本会議

2021

02/03

公布

2021

02/03