児童福祉法等の一部を改正する法律案

第208回国会閣法第49号

児童等に対する家庭及び養育環境の支援を強化し、児童の権利の擁護が図られた児童福祉施策を推進するため、要保護児童等への包括的かつ計画的な支援の実施の市町村業務への追加、市町村における児童福祉及び母子保健に関し包括的な支援を行うこども家庭センターの設置の努力義務化、一時保護開始時の要件及び手続の整備、入所措置や一時保護の決定時における児童の意見聴取等の手続の整備、児童自立生活援助の対象者の年齢制限の緩和、児童に対するわいせつ行為を行った保育士の再登録手続の厳格化等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2022

03/04

衆議院

委員会

2022

05/13

衆議院

本会議

2022

05/17

参議院

委員会

-

参議院

本会議

-

公布

-