新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種の計画的かつ円滑な実施の推進に関する法律案

第204回国会衆法第42号

新型コロナウイルス感染症の感染の拡大の防止を図る上でワクチン接種が重要であることに鑑み、新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種の計画的かつ円滑な実施の推進を図るため、新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種に関し、政府による工程表の策定等について定めるとともに、新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のための筋肉内注射を実施する者の確保を図るために政府が講ずべき措置について定める必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2021

06/11

衆議院

委員会

-

衆議院

本会議

-

参議院

委員会

-

参議院

本会議

-

公布

-