公職の候補者となる労働者の雇用の継続の確保のための立候補休暇に関する法律案

第198回国会衆法第19号

公職の候補者となる労働者の雇用の継続を確保することにより、国民の政治への参画の機会の増大を図るため、立候補休暇の制度を設ける必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2019

06/13

衆議院

委員会

-

衆議院

本会議

-

参議院

委員会

-

参議院

本会議

-

公布

-