関税定率法等の一部を改正する法律案

第208回国会閣法第5号

最近における内外の経済情勢等に対応するため、個別品目の関税率の見直し、海外事業者が郵送等により国内に持ち込む商標権・意匠権侵害物品の輸入してはならない貨物への追加、暫定関税率の適用期限の延長等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2022

01/28

衆議院

委員会

2022

03/08

衆議院

本会議

2022

03/10

参議院

委員会

2022

03/24

参議院

本会議

2022

03/25

公布

2022

03/31