強制労働の廃止に関する条約(第百五号)の締結のための関係法律の整備に関する法律案

第204回国会衆法第23号

我が国が強制労働の廃止に関する条約(第百五号)を締結するため、同条約が禁止する強制労働に該当するおそれがある罰則に関する規定に係る関係法律の規定中、懲役刑を禁錮刑に改める必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2021

05/31

衆議院

委員会

2021

06/02

衆議院

本会議

2021

06/03

参議院

委員会

2021

06/08

参議院

本会議

2021

06/09

公布

2021

06/16