有明海及び八代海等を再生するための特別措置に関する法律の一部を改正する法律案

第204回国会衆法第8号

有明海及び八代海等の海域において赤潮や貧酸素水塊の発生が続いており、水産資源が回復するに至っていないこと、近年頻発する豪雨等に伴い発生する海岸漂着物がこれらの海域の環境の悪化の原因となり得ること等に鑑み、港湾又は漁港における汚泥等の堆積を排除するために行う事業及び漁場における特定の漁港漁場整備事業に係る経費に対する国の補助の割合の特例並びにこれらの事業に係る経費に関する地方債の特例について定めるとともに、国及び地方公共団体による海岸漂着物の処理並びに有明海・八代海等総合調査評価委員会による所掌事務の遂行の状況の公表について定める必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。本案施行に要する経費本案施行に要する経費としては、平年度約二十四億円の見込みである。

提出

2021

03/17

衆議院

委員会

-

衆議院

本会議

2021

03/18

参議院

委員会

2021

03/30

参議院

本会議

2021

03/31

公布

2021

03/31