新型コロナウイルス感染症に関連する差別の解消の推進に関する法律案

第204回国会衆法第36号

新型コロナウイルス感染症が全国的にまん延している中で新型コロナウイルス感染症に関連する差別が行われ、これを受けた者が苦痛と苦難を強いられている現状に鑑み、新型コロナウイルス感染症に関連する差別の解消に関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務を明らかにするとともに、新型コロナウイルス感染症に関連する差別の禁止、国の行政機関等、地方公共団体等及び事業者における新型コロナウイルス感染症に関連する差別を解消するための措置等を定めることにより、新型コロナウイルス感染症に関連する差別の解消を推進する必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2021

06/09

衆議院

委員会

-

衆議院

本会議

-

参議院

委員会

-

参議院

本会議

-

公布

-