生殖補助医療の提供等及びこれにより出生した子の親子関係に関する民法の特例に関する法律案

通称: 生殖医療法案

第203回国会参法第13号

個人の人権に配慮した生殖補助医療に関する法整備が求められている等の生殖補助医療をめぐる現状等に鑑み、生殖補助医療の提供等に関し、基本理念を明らかにし、並びに国及び医療関係者の責務並びに国が講ずべき措置について定めるとともに、生殖補助医療の提供を受ける者以外の者の卵子又は精子を用いた生殖補助医療により出生した子の親子関係に関し、民法の特例を定める必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2020

11/16

参議院

委員会

2020

11/19

参議院

本会議

2020

11/20

衆議院

委員会

2020

12/02

衆議院

本会議

2020

12/04

公布

2020

12/11