子ども・子育て支援法及び児童手当法の一部を改正する法律案

第204回国会閣法第14号

総合的な少子化対策を推進する一環として、保育の需要の増大等に対応し、子ども・子育て支援の効果的な実施を図るため、施設型給付費等支給費用のうち一般事業主から徴収する拠出金を充てることができる割合の引上げ等を行うとともに、児童手当が支給されない者のうちその所得の額が一定の額未満のものに限り特例給付を支給することとする等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2021

02/02

衆議院

委員会

2021

04/14

衆議院

本会議

2021

04/15

参議院

委員会

2021

05/20

参議院

本会議

2021

05/21

公布

2021

05/28