安定的かつ効率的な資金決済制度の構築を図るための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律案

第208回国会閣法第47号

金融のデジタル化等に対応し、安定的かつ効率的な資金決済制度の構築を図るため、電子情報処理組織を用いて移転することができる一定の通貨建資産等である電子決済手段の交換等を行う電子決済手段等取引業及び複数の金融機関等の委託を受けて為替取引に係る分析等を行う為替取引分析業の創設等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2022

03/04

衆議院

委員会

2022

05/17

衆議院

本会議

2022

05/19

参議院

委員会

-

参議院

本会議

-

公布

-