旅券法の一部を改正する法律案

第208回国会閣法第29号

旅券に関する国際的な動向及び情報技術の進展を踏まえ、申請者の利便性の向上、旅券事務の効率化、旅券の国際的な信頼性の維持その他社会情勢の変化を踏まえた制度の見直しを図るため、旅券の発給申請手続等の電子化に係る関連規定の整備、査証欄の増補の廃止、一般旅券の失効に係る例外規定の整備、大規模な災害の被災者に係る手数料の減免制度の創設、未交付失効旅券の発行費用の徴収のための規定の整備等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2022

02/22

衆議院

委員会

2022

04/06

衆議院

本会議

2022

04/07

参議院

委員会

2022

04/19

参議院

本会議

2022

04/20

公布

2022

04/27