海上交通安全法等の一部を改正する法律案

第204回国会閣法第49号

船舶交通の一層の安全を確保するため、異常な気象又は海象による船舶交通の危険の防止を図る観点から船舶交通がふくそうする海域にある船舶に対して海上保安庁長官が適切な方法によるびょう泊、当該海域からの退去等の措置を講ずべきことを勧告し又は命令することができることとするとともに、海上保安庁以外の者による海上保安庁の管理する航路標識の工事又は維持に係る承認制度を創設する等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2021

03/02

参議院

委員会

2021

04/08

参議院

本会議

2021

04/09

衆議院

委員会

-

衆議院

本会議

-

公布

-