瀬戸内海環境保全特別措置法の一部を改正する法律案

第204回国会閣法第43号

瀬戸内海における生物の多様性及び生産性の確保を図るため、関係府県知事が栄養塩類の管理に関する計画を定めることができる制度を創設し、当該計画に即して栄養塩類の増加に必要な措置を実施する工場又は事業場に対する水質汚濁防止法に基づく総量規制の特例等を定めるとともに、自然海浜保全地区の指定対象の拡充等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2021

02/26

参議院

委員会

2021

04/08

参議院

本会議

2021

04/09

衆議院

委員会

-

衆議院

本会議

-

公布

-