特定都市河川浸水被害対策法等の一部を改正する法律案

第204回国会閣法第18号

最近における気象条件の変化に対応して、都市部における洪水等に対する防災・減災対策を総合的に推進するため、特定都市河川の指定対象の拡大、特定都市河川流域における一定の開発行為等に対する規制の導入、雨水貯留浸透施設の設置計画に係る認定制度の創設等の措置を講ずるとともに、浸水想定区域制度の拡充、都道府県知事等が管理する河川に係る国土交通大臣による権限代行制度の拡充、一団地の都市安全確保拠点施設の都市施設への追加、防災のための集団移転促進事業の対象の拡大等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

提出

2021

02/02

衆議院

委員会

2021

04/07

衆議院

本会議

2021

04/08

参議院

委員会

2021

04/27

参議院

本会議

2021

04/28

公布

2021

05/10